毎日ENJOY 筋トレdiary

好きな事、気になる事の記事を気ままにかいていきます。主に筋トレと◯◯みたいな記事が多いと思いますけど(笑)楽しく筋トレ!楽しく健康維持!そんなあなたのサポートができるブログを目指してます!

三社祭に行ってきた!正式名称は浅草神社例大祭!

 

みなさんどうもこんにちはー(´∀`=)

 最近すっかり暑くなってそろそろ夏到来!?って思う気温の日も増えてきましたねー。

梅雨が先に来ますけどね(笑)

 そんな暑い今日は何の日かと言うと、そう!!

 三社祭!!

f:id:hashiyuki0322:20180521162100j:image

そして僕は今年も大好きな三社祭に行ってきましたー!!

僕は小学校が浅草の為昔から馴染みが深いこの浅草のお祭りが大好きです!!

 

特に三社祭りのグランドフィナーレと言われている

宮入り

が大好きです!!

そもそも宮入りとは何か!?

一言で説明すると神輿が神社に返ってくる事です。

f:id:hashiyuki0322:20180521163013j:image

(あそこから入ってきます。神輿が当たらないように提灯がたたまれてるのも、普段では見る事の出来ないとっても珍しい光景ですよ)

次に高張提灯が御神輿の通り道を先導してきます。

f:id:hashiyuki0322:20180521164759j:image

f:id:hashiyuki0322:20180521164813j:image

昨日はこの光景を1番前で見て撮影する事が出来ました!!既に感動してましたw

f:id:hashiyuki0322:20180521165201j:image

では話を戻して宮入りですがめちゃくちゃ感動しますよ(笑)なんでだと思います!?

神輿が神社に帰るだけでしょ!?って思ったあなた!全然分かってない!!

神輿が神社に帰ってくるというのはどういう意味だと思います!?

その年のお祭りが終わる!!

と、いう事です。

祭りを終わらせたくない、御神輿を担いでいたい。と思っている観客や担ぎ手の熱気が最高潮に達します!!

f:id:hashiyuki0322:20180521163455j:image

この熱気が最高です!!

浅草寺境内の門の周りは大歓声に包まれ大盛り上がりを見せます!!

その大歓声に包まれている中宮入の完了を告げる拍子木の音がなると担ぎ手・観客の中から大きな拍手とは別に、ため息やがっかりとした声が聞こえてきます。そして最後に全員で締めの3本締めをする際には感極まって泣いている人達も多く見られます。

この宮入りこそが三社祭最高の見所だと自分は思います(笑)

僕も泣いちゃいそうになりましたwww

これ2013年の宮入り最後の瞬間の動画になりますが担ぎ手達のまだ

祭りを終わらせたくない!!

という熱い思いが伝わってきませんか!?

なかなか進みませんし(笑)

 どうですか!?伝わりました??この熱気!!これが僕が思う御神輿、特に

浅草神社例大祭最大の魅力

です。

行ってみたくなりましたよね!?

今年のお祭りシーズンはこれからなので、まだまだ各地の有名なお祭り間に合いますよ(((o(*゚▽゚*)o)))

 

宮入が終わると浅草寺も普段の光景を取り戻します。

このライトアップした綺麗な浅草も大好きです♪

f:id:hashiyuki0322:20180521163934j:image

終わった直後のこの写真も心なしか綺麗だけど悲しい写真に見えてくるのも自分だけでしょうか!?(笑)

取り敢えず三社祭の宮入りは最高に感動します。百聞は一見にしかず!

今年行けなかった人も行ったことがない人も、是非来年こそは行ってみてください!!

f:id:hashiyuki0322:20180521172207j:image

この位置からの景色が昔から一番のお気に入り(笑)

 

では最後に三社祭りとは?

正式名称を浅草神社例大祭といいます。

まず三社祭とは700年以上も続いてると言われる浅草神社のお祭りです。

三社祭の御神輿は三基で一之宮、二之宮、三之宮と呼ばれています。

三人の神様が年に一度、浅草寺の本堂で観音様とともに一晩を過ごしていただき、各御神輿に乗って浅草の街の様子をご覧いただくというのが三社祭の本来の意図です。

ちょっとした豆知識ですが結構こういったイベント毎って2階の窓から御神輿を見てる人とかいるじゃないですか!!何となく想像つくと思うんですけど(笑)これ、三社祭ではその光景は中々見られないんですw実は御神輿には神様が乗っています。どこの地域でもその神様が乗った御神輿を見下ろす光景は本来は御法度です。しかし、最近ではそんなの迷信だという人や、高層ビルの影響で薄れてきました。しかし今でも三社祭では受け継がれていて窓開けて上から御神輿を見下ろす人は全然って言っていいほどいないのです。

そういった所も下町の浅草ならではなのかもしれませんね。